スポンサードリンク3

京都の後染ラメ糸メーカー泉工業株式会社 | 金糸銀糸(金銀糸)サイトトップ >・京都府城陽市  >> 京都府城陽市



城陽市(じょうようし)は、京都府南部に位置する市で、京都市と奈良市のほぼ中間に位置する。

正道官衙遺跡(国の史跡)や久世神社、水度神社(いずれも本殿は国の重要文化財)などの歴史的建築物を多数擁するほか、京都サンガF.C.の練習場であるサンガタウン城陽が置かれている。

金銀糸の生産高では、日本国内の約60%を占めるとされている。

人口は2000年代初頭に隣接の八幡市を抜いて8万人を超えており、これは福知山市とほぼ同水準であるが、人口密度は福知山市の約17倍である。

気候は比較的温暖である。

地理
城陽市は、京都市の南方、京都府南部の南山城地域に属する。京都市と奈良市を結ぶ国道24号が南北に横断し、両市のほぼ中間にある。この他、JR奈良線と近鉄京都線が南北に縦断している。

木津川の右岸に位置し、市南部を東西に青谷川が流れる。地勢は西部(大久保バイパス近辺)は概ね平坦で、東部に向かうにつれて起伏の多い地形になっている。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

また、城陽市は「五里五里の里(ごりごりのさと)」と呼ばれています。
城陽市が、京都市と奈良のどちらの都からも五里(約20キロ)の距離にある、という事から由来しています。
歴史的な観点では、この位置が「経済・政治・交通」の要であり、「万葉集」等にも詠われている事からも、城陽市の反映がうかがえます。





大きな地図で見る




スポンサードリンク4

izumikingin│clip!・京都府城陽市